So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

駆逐艦 島風 発見に驚き [海軍]

戦艦 武蔵 を発見したポール・アレン氏の調査チームは、先の

戦艦 山城・扶桑 に続いて、駆逐艦 島風の残骸を

フィリピン中部の海底で発見したとのこと

(写真:ポール・アレン氏 facebookより)

conv0002.jpg
小生、その方面はあまり詳しくはないのだが、島風は、
高速(39ノット)、重雷装(5連)の駆逐艦であることは知っている。
conv0003.jpg
こちらは、現在の護衛艦 DDG-172「しまかぜ」
去る9日、海自阪神基地の催事(会費制)があって訪問した際に写したもの。
乗員の説明によれば、こちらに搭載された魚雷管は、3連の対潜用とのこと。
conv0004.jpg
駆逐艦 島風の排水量は、2,567トン
護衛艦 しまかぜ の排水量は、4,650トン・速力30ノット
拝見していて、くたびれ感は否めず、先の乗員によれば、
艦齢30年となり、除籍間もなくで、練習艦になるのだと云う。

nice!(0)  コメント(0) 

赤穂浪士討ち入りの日雑感 [日記 雑感]

conv0007.jpg
本日は、赤穂浪士討ち入りの日
7月末の暑い日に、泉岳寺に参ったことを思い出している。
conv0008.jpg
赤穂浪義士墓は、TVニュース等で何回か目にしていて知っていたのだが、
主君の浅野長矩墓が大変立派で、かつ正室 瑶泉院墓がすぐ隣りにあって
驚いたものだ。
驚いたと云えば、この墓所を目指してやってくる欧米人が多かったこと。
日本人の深層心理に触れようとする意味もあるのかと思った。
流石に、線香を手向ける方は居なかったが、一基づつ丁寧に見廻っていた。
conv0006.jpg
討ち入りの物語は、ご存じ忠臣蔵で、忠義を貫いて仇討ちを
果たした内容は、あらすじが判っていても面白く、
TV、歌舞伎、人形浄瑠璃には欠かせないものとなっている。
話しは京都になるが、祇園 原了郭の「黒七味」は、四十七士の一人、
原惣右衛門の一子が創業し、子孫が作りあげたもので、
原了郭ビルの所在地が、料亭 一力のはす向かいに位置するのも
何かの縁なのだろうか。
conv0009.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

BE-PAL 創刊号の記事 [日記 雑感]

conv0001.jpg
過日、京都新聞にアウトドア雑誌BE-PAL創刊号に掲載された
記事のことが紹介されていた
conv0002.jpg
この記事を覚えていたので、再確認の為に、本棚の一番下の
収納からBE-PAL創刊号を取り出した
conv0003.jpg
46~49ページにその記事が確かにあって、僕も川遊びカヌーに
惹かれ始めたことを思い出した
電車や車に積んで、川の上流から川下りを楽しむ
フォールディングカヤック(折りたたみ式カヌー)が良いと思った頃だ
conv0004.jpg
ページを捲ると、隔世の感があるCMのオンパレードで、
SONY ウォークマンの大ヒットを意識してか、松下電器から
発売になったスポーティラジカセGO(AM/FMラジオ付)の
CMが目に留まった
松下電器のウォークマンに対抗する商品開発のご苦労が偲ばれるものだ
conv0005.jpg
で、GOを買ったらこのTシャツをあげると云っている美形は、
誰かと思ったら「ゴーギャル石原真理子」とある
いつだったか、スーパーで弁当を万引きして警察沙汰になった
あの石原真理子の36年前の姿で、時は人を待たないのであった

nice!(0)  コメント(0) 

15年前の預金通帳と未使用の電話帳などが [日記 雑感]

conv0001.jpg
便箋、一筆箋などを入れている引き出しの整理をしていたら
15年~9年前の預金通帳が7冊出てきた。
全て繰り越し済みのものだから何の価値もない。
ただ、記帳内容をみると、ジュウタクキンユウ(住宅金融公庫)などの
毎月の振替名が懐かしく、色々なことが思い起こされた。
conv0002.jpg
極細の針金で留める「荷 札」の束も出てきた。
これは正式な荷札ではないが、宅急便など無かった時代の名残り。
もうひとつ
conv0004.jpg
ポケットサイズの電話帳
毎年、この電話帳に書き改めるのが年初の行事だった。
厚さが3ミリほどの優れ物で、まとめて何冊か買った内の1冊で
デッドストックと云うやつ。
conv0003.jpg
背面を見ると、「テレフォンカード」のフォルダー付きで、
未だ「公衆電話」を利用するのが、営業の常だった証。
預金通帳は、シュレッダーへ、荷札は、白の部分をメモにした。
電話帳は、引き出しに戻すことにしよう。

nice!(0)  コメント(0) 

大谷選手エンゼルスへ・エンゼルスのラッピングカー [日記 雑感]

conv0007.jpg
日本ハムの大谷翔平選手のロサンゼルス・エンゼルス入りが決定した。
(写真は、時事通信)
conv0001.jpg
で、即思い出したのが、エンゼルスのラッピングカーのことだった。
conv0002.jpg
2014年5月カリフォルニアのアーバイン(Irvine)から
METROLINKに乗車した時の車輌がそれであった。
1輌の長さが日本の車輌よりも長く、ダブルデッカーであったから
ラッピングの迫力は、半端じゃないものだった。
アーバインから南へ
San Juan Capistrano(サンファン カスピラーノ)で下車
conv0003.jpg
スペイン人が開拓した町を見学
加州の抜けるような青空(碧空)に遺跡が良く映えた
サンファンカスピラーノ駅から今度は、全米を網羅する
アムトラック(Amtrak)に乗車して、海岸の町サンクレメンテへ。
conv0004.jpg
持っていた乗車券は、メトロリンクのもので、本来は不可なのだろうが、
そのまま下車を許されラッキーであった
下車せず30分ほど南下すれば、終着のサンディエゴ(San Diego)だ
conv0006.jpg
出発地点のアーバイン駅
誰ぁ~れもいない。
北を向いた写真で、4駅行くとエンゼルスの本拠地がある
アナハイムだ
更に4駅行くとメトロリンクの終点ロサンゼルスとなる
conv0005.jpg
入線してきたメトロリンク

nice!(0)  コメント(0) 

真珠湾が見えてきました [ハワイ]

conv0001.jpg
パイパー アーチャー機
昨年10月、訪布した際に小型機をチャーターして、オアフ島を一周した。
島を左回りに、1時間超の飛行時間の後半は、あの真珠湾攻撃隊が進撃した
ルートで、高まりを覚えたが、生憎と雲量多く、北に雨雲があった。
conv0002.jpg
ノースショアカフクからハレイワへ>
離陸から30分、パイパー機はオアフ島の北端カフクポイントを過ぎて
ハレイワ上空に達した。
昭和16年12月7日(日本8日)午前7時49分、真珠湾攻撃隊総指揮官機から
「全軍突撃セヨ」(ト連送)が発信されたのがこの辺りだ。
機はハレイワから左旋回で、島の内陸部を指向する。
conv0003.jpg
真珠湾
ハレイワから10分。ヘッドセットに「真珠湾が見えてきました」と機長の声。
雲量相変わらずであったが、真珠湾上空には雲が無く、
思わず「いい感じですねぇ」と返答していた。
conv0004.jpg
戦艦ミズーリ記念館
真珠湾攻撃の当日、戦艦オクラホマが停泊していた辺りに
退役した戦艦オクラホマが係留されていて、改めてその巨大さを感じた。
左後方に過行く真珠湾を見ながら、あの日ここに殺到した770人の
帝國海軍搭乗員に思いを馳せ、平和の時間を飛ぶことの有り難さを思った。

nice!(0)  コメント(0) 

R・F・1 のサラダを買ったら... [京都グルメ]

conv0001.jpg
大丸で、R・F・1(アールエフワン)SOZAI のサラダ
「胡麻油がクセになる炙りマグロのサラダ」
「小海老のフライ」と「イカのフリッター」を
3,000円と少しを買ったら、抽選券2枚を貰った。
conv0002.jpg
削って現れたシリアルナンバーをWEB応募したら
2枚とも1,000円のお惣菜券が当たった
誰にでも当たるようになっていると判っていても小市民は、これが嬉しい。

nice!(0)  コメント(0) 

ハワイに関する話題:WiFiとThe Bus [トラベル]

conv0001.jpg
最近、JAL国内線(一部?)のWiFiが無料とのCMを目にする。
昨年ハワイに赴いた際、機内でWiFiの使用が可能なのか
CAさんに聞いたことを思い出した
当時の資料を見たら、有料で1時間・3時間・制限なしの3コースがあり、
1時間接続が$10.15、3時間接続が$14.40だった。
僕は利用せず、iPadでナレーターが城達也のジェットストリームを
聞きながら、ひたすらワインを飲んでいた
conv0002.jpg
ホノルル観光の足となるTheBusが、新年1日から値上げになって、
$2.75(1Day passは、$5.5)になるとのこと。
2番バス(ダイヤモンドヘッド方向)は、今月3日から24時間運行となるが、
治安が悪くなる深夜の利用は注意が必要とある。
昨年日中、漁港で食事をしてチャイナタウンを歩いたことがあったが、
歩けるのは明るいうちだと思い知った。
Google Mapを見るiPadに視線が集まっているような...
Good Luck!

nice!(0)  コメント(0) 

「しらせ」フリーマントルを出港、南極へ。 [海上自衛隊]

conv0001.jpg
海上自衛隊の砕氷艦 しらせ (AGB 5003)が、オーストラリアの
フリーマントルでの補給を終えて、2日出港し南極に向かっているとのこと。
conv0002.jpg
写真は、帝國海軍 軍人だったWさんから先日頂戴した一合升
多分、壮行会の記念品だろうと思う。
conv0003.jpg
元海自隊員だったK君は、この しらせ で、2回南極を経験している。
そのK君から聞いた話しだが、しらせ に搭載してあるウイスキーは、
容積を少なくする為にアルコール度数が70何度かあって、
コンク ウイスキーと云うのだそう。
(サントリーとニッカが、出港の交互に搭載される)
濃縮ゆえ、水割りにして呑むのが当たり前なのだが、ある日面倒になって
ストレートで呑んで船外に出たら、昼にオーロラが見えたそうである。
乃木大将の軍服を着て南極に降り立ったK君らしい話しで、
もっと面白い話しもあるのだが、あえて書かない。

nice!(0)  コメント(0) 

北朝鮮の漂着木造船が続く [日記 雑感]

conv0001.jpg北朝鮮の漂着木造船が続いている。


「戦闘」と称して荒天の日本海に、骨董的な造りの船で出漁し、進退窮まり風に吹かれて、或いは転覆して日本海沿岸に流れ着く。


船員は、上陸して救助を乞う者、船と共に遺体で着く者、一人遺体となって流れ着く者様々。


漂着した自治体は、漂着した木造船の処分に厳しい負担を強いられているのだと云う。


腐ったような船であっても、保管義務が6ヵ月あって、クレーン等での引き揚げ費は、自治体の負担になるとのことだ。

conv0002.jpg
漂流している北朝鮮の船があって、救助を無理強いすると
拉致になる恐れがあると云うからブラックジョークを越えた話にもなっている。
昨日は、北海道南部の小島に上陸した船員が、島の建物からテレビ、船外機、
バイクなど手あたり次第持ち出したと云う事件も起こって、国が崩壊して
難民となって大挙して押し寄せてきたらどうなるのか暗たんたる気持ちになる。
人道支援に異論はないけれど、自国民を救助すらしない北朝鮮とは、
一体何なのか改めて考えさせられてしまう。
延々と、止む事無く続く日馬富士報道の日本に生まれて僕は幸せである。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る