So-net無料ブログ作成
検索選択

真夏のオリオン [海軍]

conv0001.jpg先週、大阪で行われた「真夏のオリオン」の試写会に行って来た。この映画は、イ-58潜 橋本中佐と
インディアナポリス撃沈の史実を基に制作されたもの。試写会の冒頭、司会者が、橋本中佐が指揮した戦闘行動に触れて「橋本中佐は、搭載していた回天を一回も使うことが無かった心優しい艦長でした」と紹介した。

回天戦を1回もしなかった(発進させなかった)というのはウソである。11年前に橋本中佐から、「回天の発進を命ずるのに、何の躊躇いもなかった」と直接伺っている。→グアム島アプラ湾攻撃時に4艇発進下令。2艇命中。

 

conv0002.jpg映画は、イ-58潜の元乗り組み員の方々の協力などがあり、海軍ファンならずとも楽しめる内容となっているが、回天を搭載したまま、190mの海底に迄沈下するシーンがあるが、この水圧では、母艦であるイ-77本体も危うい。何より回天が持たない。回天の安全潜航深度は、80mとされている。たまたま、元回天搭乗員のO氏から回天の深度について「80m」という言葉を聞いたばかりだ。

ただ、杓子定規の考えでは、つまらない映画になってしまうのは判っている。13日(土)封切り。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る