So-net無料ブログ作成

ホノルルで、WiFi 。ハワイの旅が変わった。 [ハワイ]

2週間のハワイの旅が終わろうとしている。
老夫妻にとって、ひと昔まえのハワイの旅と劇的に違うのは、
WiFi ルーターのレンタルが可納になったことだろう。

image-20161029060837.png

2週間のレンタル料金は、$55 程度。スマホ、ipad と連同すれば、
Eメール・LINE・Google map などが利用でき、旅の快適度が増す。

何回かLINE経由で、島内の知人と電談をして合流場所を確認したり、


image-20161029062342.png

専用アプリで、バス停や移動中のバスの現在地を確認したり、


image-20161029062638.png


新生銀行のネットバンキングで、振り込みをしたり…。
高額になる通信料金を気にせずに、快適な旅を過ごすことが出来た。
借り出したWiFiのセットは、ホノルル空港にある返却ボックスに
投入すれば宜しい(荷物のチェック前に!)。


あと5時間余りで、TRUMP HOTEL を発つが、wiFi ルーター が老夫妻の
ハワイ旅行を快適なものにした。


ホノルル滞在8日め [日記 雑感]


image-20161024204202.png

ホテルがハイアットリージェンシーからトランプに替わって、
ホノルル滞在が8日めになった。

老妻と歳相応の日を過ごしている。


image-20161024205014.png

一方で、旧知の元海兵隊中佐から、小生のリタイアと結婚35周年、
愚妻の還暦祝いのレターが届いたり、驚くような場所にご案内頂いて
感謝の毎日である。

明日は、マウイ島に行ってみようかと思っている。

食べ物4種 [グルメ]


image-20161019220608.png


image-20161019221024.png


JAL 792 Business Class 和食・デザート



image-20161019221102.png

マラサダ・サンドイッチ・ライチ


image-20161019221436.png

海兵隊 カネオヘ基地
焼きそば チャーハン モンゴリアン炒め

*ここ数日で食べた物で印象に残った食べ物4種。






ホノルルで浩然の気を養う [日記 雑感]

僕は今ホノルルにあって、浩然の気を養っている。
眼前に展開する碧空と群青の海と、そよと過ぎゆく甘風が、心地好い。
含むビールでぼくは、陶然となる。

image-20161017154215.png

京都市役所の広場で、ジャイアント馬場がっ! [日記 雑感]

conv0001.jpg
京都市役所前を通りかかったら広場で、ジャイアント馬場が
豪快なバックドロップを決めていました。
conv0002.jpg

定年退職・勤めを辞めると不用になる物 [日記 雑感]

conv0001.jpg定年退職となって連日忙しくしているが、昨日は仕事用の靴の処分を行った。8足をエイヤッ!とゴミ袋に。

プレーントゥ、タッセルオン、ローファーなど代表的なデザインの5足は、程度が良いこともあって残留とした。

全部 REGAL製。もうビジネスシューズの購入は無いのだろうなぁ...。

conv0002.jpg
代わって、カジュアルなタイプを3足ほど加えた。
写真は、REGAL 954R(NAVY) と云うデッキシューズ。
ドライビングシューズのテイストもあって気に入り、
購入したのは2回目。最初の物は、今年1月の
オーストラリア・ケアンズ旅行のチェックアウトの際、
使い古したので部屋に置いてきた。
*(処分代として、チップは多めにしてきた)
conv0003.jpg
靴同様不用となったのが、スーツ。
夏冬合わせて10数着をゴミ袋へ。心を鬼にしないと
捨てられない......。
ここ数年の間で作った何着かは、クリーニングへ。
で、数着が今後付き合いが激減するであろう白洋舎から
今日戻ってきた。
驚いたことに、その中の1着のポケットに3万円が入って
いたので、合わせてお返し致しますとのこと。
正直者だねぇ白洋舎は...。

BOOK OFF で落ち込んだ。 [日記 雑感]

conv0002.jpgBOOK OFF に単行本・雑誌など50冊を持ち込んだら3,040円になった。

全冊に値が付いたのが嬉しい。

店員氏の決まり文句「本日は、綺麗な本をお持ち下さりありがとうございます。3,040円になりました。枠内にご記入下さいませ...」と買い取りの伝票を示された。

住所・氏名・電話番号に続いて「職業」とある。

思わず手が止まってしまった。

conv0001.jpg
退職の身。既に「会社員」では無くなっていることに気が付いた。
見ると「無職」と云う文字。
唸りながら(ウソ)チェックを入れた。
少々落ち込んでしまったが、このことを伝えた某氏から
無職では無く、「高等遊民」と思ったら如何か?と提案を受け
納得した次第。
高等遊民か、いいねぇ...。

手紙に関して、若干の考察。 [日記 雑感]

退職の後、ペン書きで5通手紙を書いた(ワードで作文をして、それを見ながら書くスタイル)。

一気に5通は無理だから、投函の優先順を決めて、3日くらい掛けて書いた。万年筆で書いた手紙は、相手に伝わる重みが違ってくるのだと思う。

conv0003.jpg
写真は、山本五十六が帝國海軍次官だった頃、盟友
堀悌吉宛に送った手紙。
驚いたことに、郵送の分は「検閲済」の朱印が押してある。
海軍次官が出す手紙が、検閲を受けなければならないとは...。
高官でさえ、思い切ったことを書くことが出来ない時代があった。
conv0004.jpg
時代は、一気に進んだ昭和30年後半の頃、学園ソングで
ヒットを連発した舟木一夫の証言。
当時毎日、1,000通の手紙(ファンレター)が届いたそうな。
見るとその全部にきちんと住所が書いてあって、今思うと
不思議な気持ちになるが、何でもEメールの今がおかしいのかも
知れないとのことであった。

印象に残った本4冊「終わった人」・「帰郷」など [日記 雑感]

conv0004.jpg

僕も「終わった人」なのだけれど、退職が現実味を帯びてきた頃に読んだ。

僕と違うのは、この主人公は東京大学卒業のエリート銀行員で、定年間際に出向・転籍となる。「未だ俺は成仏していない」とIT企業の代表に迎えられるが...。

僕は社の上層部の方々の主導権争いで、入社3年目で転籍、1年後にまた転籍させられているから会社とは、こんなものだと何も思わず43年6ヵ月勤めてきた。

*内館牧子:講談社・1600円(+税)

conv0003.jpg

大東亜戦争によって引き裂かれた、男たちの運命とは。5編。

カバー写真が秀逸。敬礼をする男の左側で家族がお辞儀をしている。

*浅田次郎:集英社・1400円(+税)

conv0002.jpg

安倍晋三と16年。TBSの政治部記者であった著者が著す、生の政権中枢のドラマ。

今の野党に、この総理のダイナミックさを求めることは出来ないことが判る。

*山口敬之:幻冬舎・1600円(+税)

conv0001.jpg
タフであれ。優しくあれ。
何ももらわぬ勝者であれ。
仕事・女・金・酒・スポーツ・教養など
人生を切り開く「覚悟」が定まる全28章!
こんなことが、この本の帯に書いてある。
カバー写真のとおり、ヨット乗りならではの話しにも
惹かれる。
*石原慎太郎:幻冬舎・1600円(+税)

温習會へ。そして中華料理の明(あき)へ。 [京都グルメ]

conv0001.jpg
昨日、祇園の芸ごとの総ざらえ、発表会である温習會に
愚妻共々出掛けた。
間に20分の休憩があるけれど、16時から18時まで
長唄、上方唄、など五つの演目が披露される。
鑑賞券は少々値が張るが、観る値打ちはあると思う。
30分を超す演目は、つい白河夜船になっていまうが...。
conv0002.jpgで夕食は、祇園からタクシー(ぎりワンメーター)で河原町・竹屋町東にある明(あき)へ。
主人が一人で切り盛りしている店。外見は小料理屋。
コンロと蒸し器が1台づつで、手際よく提供されるが、イラチな方には向かない店だろう。
くらげ・蒸し豚・フカヒレのスープ・京ゆばのアワビ煮込み・春巻き・牛ヘレの黒コショウは、ぜひ味わいたい。
カキと京ねぎのトーチーも宜しいか。
紹興酒のロックが、ベストマッチ。
予約して行くのが良い。
いつぞやは、中条きよしさんがすぐ傍で食していたので、隠れた名店なのかも知れない。
愚妻は、〆の炒飯を食べたそうだったが、これ以上太られたら困るので帰宅した。

メッセージを送る