So-net無料ブログ作成
京都グルメ ブログトップ
前の10件 | -

R・F・1 のサラダを買ったら... [京都グルメ]

conv0001.jpg
大丸で、R・F・1(アールエフワン)SOZAI のサラダ
「胡麻油がクセになる炙りマグロのサラダ」
「小海老のフライ」と「イカのフリッター」を
3,000円と少しを買ったら、抽選券2枚を貰った。
conv0002.jpg
削って現れたシリアルナンバーをWEB応募したら
2枚とも1,000円のお惣菜券が当たった
誰にでも当たるようになっていると判っていても小市民は、これが嬉しい。

nice!(0)  コメント(0) 

噂は真実、出汁の自販機 [京都グルメ]

conv0004.jpg
ある会合の帰路、Rさんが突然「あっ、これや!」と
自販機を指さした。
一瞬、お茶かと思ったのは、何と「出汁の自販機」であった。
云われてみれば噂に聞いていたのだが、木屋町にあるとは、
知らなんだ。
conv0005.jpg
「だし道楽」と云う名前で、2種類販売中。
1本(500ml)700円と、決して安くはないが、購入したのは
焼きあご(トビウオを炭火で焼いたもの)と昆布入りで
これ1本で、うどん汁が約13杯作れるとのこと。
五島列島のうどんを食べたい時に宜しいのではないか。
その他、鍋や煮物にも。
conv0006.jpg
製造しているのは、広島県江田島市の二反田醤油
突拍子もないアイデアに注目度は高いと感じた。
意外にも、木屋町界隈の料理店が使っているのではないか?
conv0007.jpg
この自販機が設置されている場所は、木屋町交番の北40m位にある
三井のリパーク木屋町第2駐車場の角。
上の写真は、ストリートビューからの引用だが、偶然にも
だし道楽の補充か集金の様子を捉えている。
京都観光の際は、ペットボトル入りの出汁をどうぞ。

nice!(0)  コメント(0) 

松葉蟹には、CHABLIS(シャブリ)がベスト。 [京都グルメ]

conv0007.jpg
今年も、ある方から解禁になった、松葉蟹をご恵贈賜った。
いつもの鳥取・賀露港からの直送品
conv0008.jpg
少し早めの夕食として、生で味わった
conv0001.jpg
何も言いますまい
conv0010.jpg
こんな日の為にキリリと冷やしておいた
シャブリ(CHABLIS) ファースト クリュ を抜栓する
蟹のうま味にシャブリを合わせる幸せ。
小市民は、これを祇園で食したら幾らになるのかと、
鋭く計算するのである。

nice!(0)  コメント(0) 

日本酒醸造元が造ったウイスキー「山桜」 [京都グルメ]

conv0001.jpg
「角」クラスのジャパニーズウイスキーを買いに「やまや」へ。
何気に手にしたのは、笹の川酒造(福島県郡山市)が造ったと云う
山桜 YAMAZAKURA
モルト&グレーン / 40% / 2,100円(税別)
歴史ある酒造会社が、進駐軍の為に造ったと裏のラベルに書いてある。
ティステンググラスに注いだ色が薄く、期待はしていなかったのだが、
カラメルの様な香ばしさがあり美味。
conv0002.jpg
「牛とアスパラと玉ねぎのカルピスバター炒め」を主菜にして、
ロック・ハイボールで味わった
流石に「響」と「山崎」には敵わないが、
老妻も思わず「あっ、これ美味しい」と発した2,100円は、買いだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

ひとつ650円のあさりで、老妻の誕生日を祝う。 [京都グルメ]

大丸の鮮魚売り場で、ひとつ650円のあさりを4つ買い求めた。

老妻の誕生日を祝う夕食用として、奮発!

conv0002.jpg
千葉県産の大あさりで、コンロで炙ったら見事に開いた。
ひとつは、醤油を垂らして、もうひとつは、バターと醤油で食した。
久々に肉厚の貝を堪能出来て、満足。
誕生日の祝宴には、ケーキより、貝である。
conv0001.jpg
お祝いに、貝だけでは無粋なので、刺身も買い、
conv0003.jpg
焼き鳥(ハツ・ナンコツ・カワ)も買って、豪華にした。
外で祝ったら高くつくので、久々の贅沢も宜しいかと
年金生活者は、自問自答するのである。

nice!(0)  コメント(0) 

バタートースト・青汁・ベジマイト・納豆の朝食 [京都グルメ]

conv0001.jpg
バタートーストに、薄くベジマイトを塗って、
そこに醤油を控えた、ひき割納豆を入れて、
パンを二つ折りにして食す。
時折、青汁を飲むと、極めて健康な朝食となる。
人によっては、罰ゲームのようになるが、試されたい。
conv0002.jpg
「ベジマイト」は、オーストラリアの家庭の常備品。
一見、クリーム状のチョコレートのようだが、味も
匂いも八丁味噌の感じ。
これがなぜオーストラリアで作られ、家庭の常備品までに
なったのかは判らないが、納豆のように偶然発酵して出来た
ものではないのかと思う。
昨年1月、ケアンズを旅してこれを知ったのだが、お土産にしたら
貰った人から嫌われる恐れがあると現地で聞いた。
現地のスーパーには、大中小・チューブ入りなどが大量に置いてある。
(日本では、明治屋で買える)
モデルのミランダカーが、味噌汁を好きなのは、これのせいかも知れない。

nice!(0)  コメント(0) 

ジェネリック菓子をご存じか。 [京都グルメ]

ある会合での話し。

某氏が、「ジェネリック菓子と云うのがあるのをご存じか」と話題提供された。


後発製造の菓子、製造特許が切れた菓子のパクリなどのイメージであるが、

聞けば、コンビニで売っている「銘菓」そっくりに作られた菓子を

ジェネリック菓子と云うのだそうだ。


セブンイレブンで売っている「小豆もちり」は、あの「阿闍梨餅」と区別が

つかないとのこと。

conv0001.jpg
会合の帰路、メモを手にセブンイレブンに。
ありました!ジェネリック阿闍梨餅の「小豆もちり」(108円)。
帰宅後、糖質制限の誓いを破って食す。
う~む...。生地は、阿闍梨餅の方が甘い感じがするが、食感・
餡は、区別がつかない。
阿闍梨餅の袋に入れられたら判らないだろう。
恐るべし、ジェネリック阿闍梨餅。
conv0002.jpg
セブンイレブンのジェネリック菓子は他にもあって、
仙台銘菓「萩の月」そっくりと云うのが、
「とろけるクリームのふわころ」116円。
これは、似ているのは生地だけで、本家と比して、
クリームの旨さとボリュームが無い感じ。
なお、「萩の月」は、冷蔵庫で冷やして食すと美味さ倍増だ。
ジェネリック菓子とは、上手いネーミングだが、
セブンイレブンに限らず、他のコンビニでも銘菓をパクった
菓子があるとのこと。

nice!(0)  コメント(0) 

非日常の週末 [京都グルメ]

一昨日、久々梅田の繁華街に出て、旧知の方と一献傾けた。

暫し、呵々大笑。


conv0006.jpg
昨日は、老妻と連れだって、北山にある京都コンサートホールに赴き、
京都府防衛協会主催の演奏会を楽しんだ。
演奏会が終わって、地下鉄を乗り継ぎ夕刻の祇園へ。
conv0001.jpg
いつもと違った夕食をすることになって、
朝鮮人が経営する店に入った。
僕は2回目、老妻は初めて。
まずは、「チャプチェ」を食す。
conv0002.jpg
続いては、「ニラのチジミ」
conv0003.jpg
甘辛の「ホルモン炒め」
conv0004.jpg
薬膳「サムゲタン」。
*食す前に、店主が鶏をほぐしてくれている。
conv0005.jpg
「韓国海苔巻きとキムチの盛り合わせ」
日本に対して呪いの言葉ばかり発している国家は嫌いだが、
朝鮮の食べ物は、好きだ。
サムゲタンの余ったスープは、ジップロックの袋に入れてくれ、
海苔巻きとキムチと追加注文したチャプチェを
ドギーバックに入れ、持ち帰りとした。
女店主は実に穏やかで、「店を出して、8年になります」と云った。
梅田の夜と演奏会、そして祇園の朝鮮料理
いつもと違った、いい週末となった。
合掌。

nice!(0)  コメント(0) 

ヒロの「牛重」 [京都グルメ]

conv0006.jpg
写真は、
京都・三条商店街にある精肉店ヒロの弁当
「牛重」
conv0008.jpg
牛重弁当は、
二重構造になっていて、
「ヒロ弁当」の上に、錦糸卵と焼肉が載っていて
美味しい
1,200円

nice!(1)  コメント(0) 

焼き豚を作って、西山ラーメンを食す [京都グルメ]

conv0001.jpg
豚肩ロースのブロックに塩・コショーを施して、
焼き豚の下準備をする
*使用した塩は、トリュフソルトにした
conv0002.jpg
6面を満遍なく焼いて、オーブン(200度)で15分
conv0003.jpg
焼き豚の出来上がり
conv0004.jpg
西山ラーメンの素
麺:@136円・スープ:@226円
*京都では、大丸で購入可(仕入れ少なく売り切れ必至)
conv0005.jpg
麺が、1.5玉だったので、スープの量が少なかったのがご愛敬
conv0006.jpg
原価≒500円の西山ラーメン
旨し!

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 京都グルメ ブログトップ
メッセージを送る