So-net無料ブログ作成

消防無線がデジタル化されているとは...。 [祇園]

conv0005.jpg
先日の午後のこと。
雑用中に、サイレンの音がいつまでも続いていることに気が付いた。
消防車のそれで、ならばと確認の為に「広帯域受信機」を取り出し、
消防波をスキャンしたが、全く受信しない。
???
ウンともスンとも反応が無く、壊れてしまったのだと判断して、
スイッチを切ってしまった。
暫くしてサイレンの原因は、祇園で発生した老舗料理店の火災だと判ったが、
ヘタしたら、被害がもっと拡大していたように思った。
conv0001.jpg
そのような折、写真機材を中心に押し込んでいたキャビネットから
古い広帯域受信機(アイコム・IC-R1・左)とアマチュア無線機が出てきた。
どちらも30年前くらいに購入したもので、ほぼ使用に耐えない物。
conv0002.jpg
アマチュア無線機は、ケンウッド製 TH-77で、その昔は
活躍したものだが、携帯電話が普及した頃からお蔵入りになっていた。
TH-77を運用するには、アマチュア無線技士の免許が必要
で、先の消防無線が受信出来なかったことを本屋で立ち読みをして調べたら、
驚いたことに1年4ヵ月も前に、デジタル化されている為と判った。
消防波のみならず、救急、JRなど他のジャンルでもデジタル化が進んでいて、
アナログ波で受信可能なものは限られてくると知った。
(警察無線は、30数年前にデジタル化)
conv0003.jpg
しかしながら、立ち読み情報によれば、送受信機の業界もこの状態に対応すべく、
相当高価になるが、ハンディなデジタル受信機を発売するようである。
(と云うことは、かつてのように警察無線も受信可能に...)
IC-R1、TH-77と共にキャビネットから出てきた「ウォークマン」を見つめつつ、
時代の流れを悟り、エイヤッ!と全部廃棄処分して、区切りをつけようと思う。
写真:産経新聞(消火活動)・その他(KYOTO PRESS)

nice!(0)  コメント(0) 

祇園 姉妹盃 [祇園]

その道を極めた方が、義兄弟の契りを結ぶ際に、互いに盃を交わすことは

良く知られたことだが、祇園では舞妓になる日にお姉さんと盃を交わす。

過日、その様子がNHK TVで放送された。


conv0002.jpg
姉妹盃
本当の姉妹よりも強いと云われる女の契り
妹は姉を慕い、姉は、生涯妹の後ろ盾となり続ける
この姉さんと酒杯を交わす
conv0003.jpg
conv0004.jpg
conv0005.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

15歳の舞妓が、なぜ酒席にいることが出来るのか。 [祇園]

conv0001.jpg
呑んだ時の話題として、
「なぜ15や16歳の舞妓が宴席にいることが出来るのか」との話に
なることがある。
答えは、京都市の条例で、15歳以上の女子が舞妓として働くことが
認められているからである。
conv0002.jpg
法律では、18歳未満の女子が酒席で働くことは禁じられているのだが、
これを適用させたら、京都の花街は、成り立たなくなってしまうからである。
舞妓デビューの日、15歳の佳つ春ちゃんは、
「舞妓がお酌をするとは、思てまへんどした」と云って皆を笑わせた。
酒席でのお酌は問題無しだが、20歳になるまで舞妓も飲酒は出来ない。

nice!(0)  コメント(0) 

最近、京都市内で、目に付くモノ。 [祇園]

conv0001.jpg
ウォーキングや買い物で、市内の通りや路地を行くと、
目に付くモノがある。
ホテルや旅館の建築概要を知らせる看板と
貸し自転車の看板(レンタサイクルのサインボード)だ。
conv0002.jpg上の写真は、「新風館」跡地の客室数213のホテル等の
建築概要だが、路地のちょっとした土地には、旅館の建築を知らせる
看板がある。
京都への観光客の大増加で、宿泊施設の不足が云われて久しいが、まだまだ不足なのだろうか。
聞けば、この数年間で、15のホテルがオープン予定とのことだ。
ホテルと比例するように多くなったのが、レンタサイクル屋で、主要駅近くにしか無かったのだが、町中の自転車屋などが、これをやるようになった。
料金は、一様に1日・1,000円。
少し前までは、ママチャリのようなモノが多かったが、最近は、クロスバイクのような、スポーティなモノが増えてきた。それらしいヘルメットも貸している。
近所のオートバイ屋は、店舗をそれらしく造り変えて、貸し自転車オンリーのようになってしまった。
尤もこの店は、二条城方面に向かう外人さんが多く通る場所にあって、バッタもんのママチャリを適当に仕上げて、貸してはいたけれど...。

nice!(0)  コメント(0) 

祇園祭・曳き初め [祇園]

12日と13日に行われた山鉾の曳き初めが済んだ


conv0002.jpg
長刀鉾が西を向いて、会所に戻ってきたところ
有象無象が、車道に繰り出してスマホを差し出す
conv0001.jpg
長刀鉾には、稚児と禿が座上しているので、大人気だ
そんな中、報道のカメラだけは反対を向いて、カオス状態の
四条通りを撮っている
当たり前と云えば、当たり前なのだが、
株屋の格言と同じく「人の行く、裏に道あり花の山」ではない
けれども、皆と同じ絵を撮っては、NEWSにはならないのである
conv0003.jpg
こちらは13日、新町通りに於ける「岩戸山」の曳き初め
本番同様、四条通り(北)に向いている
conv0004.jpg
岩戸山の北に位置する「船鉾」が、間もなく会所に帰着するところ
見上げたら、ワインバーの窓辺に並んだ空き瓶に刺激され
一刻も早く、キリリと冷えたスパークリングを
飲みたくなってきた

京都新聞に掲載された「八朔」の写真 [祇園]

conv0002.jpg8月1日の京都新聞の夕刊に掲載された八朔の写真。

祇園ではこの日、黒紋付きの正装で、芸舞妓が京舞の家元やお茶屋に「これからも宜しく」と挨拶廻りをする。

章佳つ姐さんに先導された小田本の一同が写っている。

佳つ智ちゃんは、すっかり芸妓が板に付いてきたようだ。佳つ江ちゃんは、舞妓の姉さんらしくなった。

conv0001.jpg
章佳司姐さんの立ち位置が左になっているが、この写真は
2年前のものだったか。現在は引退した百佳司ちゃんが
写っている。こうしてみると、京都新聞=八朔=小田本の
図式が判ってくる。
新聞の切り抜きをスキャンして保存すると何か見えてくる。
小田本のバーには、すっかりご無沙汰であったことも判った。

都をどりの「點茶」・27日の點前は、佳つ智ちゃんが担当 [祇園]

conv0001.jpg
平成28年 「都をどり」もあと10日あまり。
昨晩プライベートな会合が終わって、小田本のバーに
立ち寄ったら、ひょいと佳つ智ちゃんが現れた。
conv0002.jpg
「27日の點前が私やと知っておいやしたか?」
點前の初披露とのことで、見に来てくれますねと念を押された。
「エッ、知らなんだ...」とトボケたが、バツの悪いことであった。
conv0003.jpg
急いで番組を見たら、ちゃんと載っておりました。
翌28日は、章佳司姐さんの担当で、「ひかえ」(お茶子)が
舞妓なりたての佳つ花ちゃんと判った。
都をどりは、本番が始まる前の「お茶席」を楽しむのも宜しい。
残念ながら今年は何かと都合悪く観に行けない。ゴメン。
*写真は、3枚とも京都PRESS

最近祇園に設置された看板 [祇園]

中国人・韓国人観光客の多さは祇園も同じこと。

その躾がなっていないから何でもありの状態。

お座敷に向かう舞妓ちゃんが見えただけで大騒ぎ。

こっち向けと着物に手を掛けられ転倒したり、着物を破かれたり...

conv0001.jpg
で、最近こんな看板が祇園に掲げられた。
躾がなっていない者には、判らないだろうがね。

獲得したポイントで、スコッチ KILChOMAN(キルホーマン)を [祇園]

conv0005.jpg過日祇園のバーで、「アイラの、何かおませんやろか。アードベックとかオクトモアは家にありますのやけど...」とバーテンダー氏にお願いしたら、「これ如何でっしゃろぅ」と出してくれたのがコレ。

KILChOMAN。写真左が2008 VINTAGE で、右がMACHIR BAY 。

すかさず夫々、ショットとチェイサーをお願いした。

conv0006.jpg
「KILChOMANとは、酔えて読んだらキッコーマンになりまんな」と云って
笑いをとったのだが、絶妙なピート臭を思い出し、今日ネット注文した次第。
それが、某店でのラスト1本だったらしく上記の表示が出た。代金の決済は
某クレジットカードに貯まったポイントなので現金の動きは無しなのが嬉しい。
ただ、今年中の配達は無理のようで、改めて味わうのは新年になるようだ。

祇園「襟替え」の記念品  [祇園]

conv0001.jpg過日、小田本のバーにお邪魔した際に、お母さんから「これお渡しするのん忘れてまして」と頂戴したのが、9月14日に舞妓を卒業して芸妓になった佳つ智ちゃんからの記念品(手ぬぐい)。

料理屋で行われた「襟替えの宴」に出席していたのだが、その日は他に用事があったので、宴会の帰路、小田本に立ち寄らずだったのでそのままになっていたらしい。

ここに書いてある意味は、佳つ麿姐さんから盃を受けた妹の佳つ智は、晴れて芸妓になったのだが、未だ小田本(置屋・プロダクション)に籍を置いていて、来春くらいまではお礼奉公の身ということ。

「盃を受けた」と云うのは本当のことで、舞妓になる際に、姐さんと姉妹の盃を交わして、契りを結んでいる。道を極める世界の方は、そうするのが仕来りなのである。

〇〇御旦那様とは僕のことなのだが、勿論ご愛敬で書いてある。


メッセージを送る