So-net無料ブログ作成

いいちこスペシャル・キンミヤ・リンゴ酢 [健康]

昨日、来客があって、15時から「快気祝い」の酒宴となった。

サッポロ・黒ラベルの「中瓶」3本を開け、ジワリとスタートする


老妻もアテを作りつつ、酒席につく


サントリーのジン談義をしながら、「いいちこスペシャル」をロックで呑む

conv0005.jpg
2016年国際ワイン&スピリット品評会で
No.1をとったそうな
conv0006.jpg
No.1の割りには、パンチ不足の感あり。
麦・30度・720ml:2,160円
conv0007.jpg
キンミヤのライムハイも美味
甲類・25度・1.8ℓ:1,280円
conv0001.jpg
酒盛りの最中に届いた「リンゴ酢」
500ml・800円
朝、ある物に入れて飲むようにしている。
このリンゴ酢は、製法特許の優れもの
青森県・カネショウ(株)
快気祝いは、井傳の弁当を食しながら延々と続き、
呑まなかったのは、近代5酒の中で、ワインだけであった。

nice!(0)  コメント(0) 

右鎖骨骨折が完治 [健康]

conv0008.jpg
自身の不注意から、生涯初となる右鎖骨を骨折して
上半身をバンドで固定され続けて7週間、
そして9週めの今日、ドクターから完治を告げられた。
拷問器具のようなバンドで固定され続け、何とも不自由な
生活を送ったものだが、折れ方によっては、手術となって、
バンド固定では済まなかったとのことであった。
conv0009.jpg
固定から約1ヵ月間、入浴時には老妻に背中を流して貰って、
感謝しているところだ。
このバンドは、一人で装着が出来ないので、都合
7週間は、老妻の手を煩わせたことになる。
完治を告げられたが、違和感が無い訳ではないので
無理せず生活を送ろうかと思う。
ご心配をお掛けした皆様に、先ずは完治のご報告を申し上げたい。

nice!(0)  コメント(0) 

ひと月半毎に、歯のチェック [健康]

conv0002.jpg
ひと月半毎に、歯のチェックに行っている。
土曜日の朝9時30分の時間指定。
今日は折しも、祇園祭 後祭りの宵山の日。
通院には、贅沢過ぎる感じの新町通り。
conv0001.jpg
ドクターの全体視診の後、歯科衛生士から歯垢除去、
ポリッシュとブラッシュを受ける。再びドクターの
視診と薬剤塗布を受けて終了。
写真は、モニターに写し出された僕の口腔左側部。
赤い[→]は、インプラントのチタンボルト。
ガシガシと噛むことの出来るターミネーターのような
奥歯になっている。
ブラッシングした歯ブラシは、お持ち帰り。
歯のケアをぜひ。

「鼻うがい」の勧め:ナサリン・Nasaline [健康]

conv0007.jpg左の写真は「鼻腔洗浄器」で、変なプレイ用の器具ではない。

専用精製塩を溶かした食塩水をこのポンプを使って、鼻腔内のホコリ、チリ、雑菌、花粉などを洗い流す「鼻うがい」をするのである。

4年ほど前に購入したものだが、この2月末に受けた鼻の手術のケアにも有効で、重宝がっている。

商品名は、Nasaline(ナサリン)でネット通販で購入可能。手術を受けた耳鼻科でも、販売していたからドクターも認めているものなのであろう。

conv0006.jpg
専用精製塩・1袋を250mlのぬるま湯に溶かして使用する。
体液の濃度と合っているので、鼻に入れた際のツーンと
した痛みは感じられない。
洗面所で、片方の鼻孔にノズルを押し当て注ぐ。
僕は、1回に付2袋を使用するが、食塩水を作るカップは、
スターバックスの透明カップが便利。
値段は、洗浄器が¥2,500・専用精製塩50包で¥1,100位。

鼻中隔矯正などの手術を終えて [健康]

conv0001.jpg「鼻中隔矯正」をメインとした全3つの手術を終えて本日午前、消毒及び止血用のガーゼを取り出して貰い、洗浄、吸引等の処置をして貰ったら、これまで殆ど機能していなかった左のエアインテークから空気がスースー入り込んできた。

一時は、術後の腫れと両鼻腔に詰め込んだガーゼで、「お茶の水博士」のようだった容姿もほぼ復旧した。先生と看護婦さんに改めて感謝である。

手術代は、予想より高額であったが、診療明細を見るとアレルギー性鼻炎に対応する「後鼻神経切断」と云う神経の切除(数か所?)の点数が高いことが判った。

加入している生保に問い合わせしたところ、その神経切断に対して

幾ばくかの支払いがなされるとのこと。かつては最低5日の入院が

必要だったと云うから、一時的な個人負担は低くなっているのだろう。

麻酔の前処置、注射及び点滴などで30分。手術時間が1時間30分越えを

考えると、それなりの負担は止むを得まいと思っている。


僕の2・26事件。鼻中隔矯正・下鼻甲介・後鼻神経切断の手術を...。 [健康]

conv0001.jpg僕の2・26事件。金曜日社を休ませて頂いて、鼻に関する3つの手術を受けた。

1.左右の鼻腔を隔てている壁が左に大きく曲がっている。2.鼻粘膜の組織が肥大して、慢性化している。3.薬では改善出来ないアレルギー性鼻炎。と云う3つが手術の理由。

骨を削り矯正、肥大した鼻粘膜を切除し、鼻呼吸を改善。鼻水・くしゃみに関係する神経を切断した。

かつてこの手術は、5日程の入院を要していたとのことだが、医学機器の進歩で、今は日帰りがOKになったのだと云う。

とは云え、帰宅時には付き添いが必要とのことで、老妻の出動を願った。

手術から丸1日と7時間程経過したが、僕の鼻には、未だ腫れがあり

鼻の中には、消毒と出血対応のガーゼが、これでもかと云う位詰めてある。

ガーゼの除去は、月曜日の午前中。続きを書くのが、シンドくなって来た。

口呼吸で、フガフガ状態。

何はともあれ、執刀医と看護婦さんに感謝。


水素水 生成器 [健康]

2.jpg我が家で、水素水の生成器を使いだしてから1年半位になる。

かつてパック入りの水素水を飲んでいた老妻が、「購入手配する手間も掛かるし、意外に高価なものだし...」と云うことで、生成器を購入した方が割安かつ常時飲むことが出来るのではと、エイヤッ!とばかりに購入に至ったもの。

写真の右の透明部が、生成水が入る取り外し可能なポット部で、下部に電極が付いている。 

左の黒の部分が生成するシステムになっている。「29」は、1分のカウンター(カウントダウン式)。

1.jpg
ポット部に蒸留水(水道水でもOK)を入れて
ワンタッチ10分のパネルを3回押すと生成開始。
30分で2リットル位の水素水が完成。
「体内の有害な活性酸素を除去する効果あり」と
2週間前の日曜朝7時「みんなの家庭の医学」で
放送していた。飲み始めた当初は、クセがあるなと
思ったが、今はすっかり慣れてしまっている。

大腸内視鏡検査を受けた [健康]

conv0001.jpg社の健康診断で、大腸内視鏡検査の要ありとされ、意を決して受診した。

ドクターから検査の前日三食は、検査食を食べて受診するようにと命じられた。

あのグリコ製のキットで、粥やハンバーグなどがレトルトパックに入っている。間食もあって、「ビスコ」と云う涙ものである。

conv0002.jpg
検査当日、9時10分から2時間かけて下剤を飲むように指示が
あって、ゴクゴクと飲み続ける。腸内洗浄の為だ。
2リッターの薄いポカリスエットのような下剤を半分飲んだ頃
催してきて、近くのWCに赴く。
検査開始まで、都合8回赴いたが、途中「それ」を確認する
看護婦さんには、脱帽ものだ。ご苦労なことである。
conv0003.jpg
準備OK。尻の部分にスリットの入った検査着に着替え
させられ、横向きで検査開始。
内視鏡が時折、エアーを噴出しながら僕の腸内を
突き進んで行くのが、モニターで確認出来る。
何枚か写真を撮りながら、盲腸部からバックしてくる。
30分は掛かると聞いていたが、約20分で検査終了。
結果、放置可能なポリープが1つで、問題無しとの診断。
ヤレヤレ、一安心である。が、あの下剤がビールだったら
1時間経たずに飲めるのでは無いかと何回も思った。

アーモンド・燻製アーモンド・アーモンドミルク [健康]

1年半くらい前のこと、あることが切っ掛けでアーモンドを日に20粒ほど

パリポリと食するようになった。

conv0005.jpg
タッパウェアに入れてある無塩のアーモンド。
朝と晩の食前食後に食べる
conv0003.jpg
無塩ばかりでは飽きがくるので、燻製タイプも食する。
割高なので、レギュラータイプとのバランスを考えて食する。
conv0004.jpg
この燻製は、土曜日に三条・東洞院通の北西角に停車
している滋賀ナンバーの軽四のワゴン車で買い求める。
販売時間は、11時から14時の間で、1袋410円。
2袋だと800円。燻製の卵とチーズも販売していて、
見ていると僕のような固定客もいるようだ。
conv0006.jpg
で、燻製の移動販売車に向かう前に、東洞院・六角上ルにある
「八百一」で購入するのが、このアーモンドミルク。
毎日ではないが、朝食時に「おからクッキー」に合わせて
飲むようにしている。ビタミンEをサプリで摂るのも良いが
食べて、飲んで摂るのが本筋なのだろう。
このアーモンドミルクは、日本人向けにアレンジしてから
売れ出したと、あるTV番組でやっていたのを見たことがある。

強炭酸風呂に入りながら、炭酸水を飲むと... [健康]

強炭酸風呂に入りながら、炭酸水を飲むと「血流がUPして、新陳代謝が活性。肌がスッキリ、ダイエット」とTVで云っていたので実践しようかと思ったが、

conv0005.jpg拙宅にあるのは、ヘッドスパ用の炭酸タブレットで、強炭酸に非ず。

えいやっ!とばかりに、2つをバスタブに投入して湯に浸かった。

ヘッドスパ用だから、肌には関係ない気がする。

conv0006.jpg
炭酸水は、微・中・強(左から)の3種をストックしてあるので
今日は、右の強炭酸水を飲むことにした。
conv0009.jpg
風呂でそのまま呑むのは、芸が無いから
湯上りにオイルマン愛用のワイルドターキーに
注いで呑んだ。こんなことでダイエットになる
ハズが無いと知りつつ、3杯ほど含んだ。
conv0007.jpg
[ホタテのバジルオイル焼き]
conv0008.jpg
[丹波地鶏の塩焼き]
いつしか、ターキーから山崎に切り替わっていて、山崎を
炭酸水で割るのなら微炭酸だろうな?などと、自問自答
していることに気が付く。それが、酔えてきた証拠である。
         はて、何のことであったか......。

メッセージを送る