So-net無料ブログ作成
検索選択

自転車で転倒後のリハビリ [自転車]

自転車に乗っていて転倒したのが、先月の23日。


駆けこんだ整形外科医は、「第5頸椎捻挫」と診断し、首を大きく右に捻っているので、

左の肩甲骨周辺が痛むだろうと予測、周辺2ヵ所に注射を行った。


conv0003.jpg
次いで、
「就寝時だけで良いから、首にサポーターを巻く様に」と
指示されたのが、この写真
不思議なことに、湿布薬と痛み止めは、処方されない。
conv0003.jpg
オマケに、「枕は、バスタオルを2つに折ったもの2枚にしなさい」との
指示を受けた。
「首に負担のない枕の高さだが、もう1枚を増やしても良いだろう」
とのこと(写真上)。
連日のように通院して、首の牽引と左肩甲骨周辺の電気マッサージ治療で、
やっと、痛みが和らいできたのが、転倒25日めの感想である。

インディ500 と 「Kimoa」 [自転車]

conv0004.jpg
2017 インディ500 最終ラップ
もう、佐藤琢磨選手には、誰も追いつけない!!
conv0001.jpg
Winner:101st Indianapolis 500
「26」 TAKUMA SATO
conv0002.jpg
喜びの、マイケル・アンドレッティ監督
conv0003.jpg
で、監督が掛けているサングラスKimoa」って何?
即調べたら、F1ドライバーのフェルナンド・アロンソが
立ち上げたブランドネームだそうで、
へぇ~、と感心していたら、いち早く輸入している業者があって
そのサイトに「6月上旬入荷・¥16,178」とあり、
やはり、嗅覚の凄い方は、生き方が違うものだと悟った次第。

BELL ヘルメット 「CREST」 購入 [自転車]

conv0002.jpg
上は、転倒したショックで割れたBELLヘルメット
調べたら購入したのは、2008年5月31日(丁度9年前)。
「TRITON」 と云う名前で、¥5,900だった。
conv0001.jpg
割れたものは、役に立たないので、買い替え
同じBELL社製から選んだ。
2017年製「CREST」 ¥5,400(送料込み)。
conv0004.jpg
TRITONは、サイズがXLで、64cmまで対応。
転倒した際、楕円形の部分に衝撃を受けた。
買い替えたCRESTは、UAと云うサイズで、61cmまでの対応。
サイズとデザインにもよるのだろうが、スッキリした感じに。
conv0003.jpg
割れたヘルメットが痛々しいが、人間の方も完治まで
あと何週間か掛かる感じ。
しかし、5千円幾らかで頭を守れたのは、不幸中の幸いで、
あの時、着用していなかったらと思うとゾッとする。

自転車で転倒。ヘルメットが割れた。 [自転車]

conv0002.jpg自転車で、東山・将軍塚からの帰路。


ゴール(帰宅)目前、御池通りから某ホテル前の歩道に入ろうとした瞬間、進入角度が浅く、足払い(自転車払い)を喰らった。


左側頭部と左肩を打ちながら、歩道上に這いつくばった。


歩いていた外人の夫婦とホテルウーマンが駆け寄ってきて、「Are you OK ?」、「大丈夫ですか ?」と励まして頂いた。


恥ずかしながら、帰宅して見ると、ヘルメット左側頭部がヒビ割れしていて、緩衝材がポロリと落ちてきて驚いた。



肩は、回せるので打撲と判断、湿布を10枚くらい貼って、ロキソニンを強引に2錠服用して安静にしているが、ヘルメットを着用していなかったらどうなっていたのかと反省している。


通りがかりの外人夫婦さんと、ホテルから駆け付けてくれたホテルウーマンさんに感謝。[ふらふら]

高島市マキノ町「メタセコイア並木」 [自転車]

conv0001.jpg
JR湖西線 近江塩津駅
ここから、マキノのメタセコイア並木を目指す
11時30分、すぐそばの国道8号線へ
conv0002.jpg
進むこと10分、いつもなぜここにあるのか驚く
セブンイレブンの西浅井塩津店で
水と昼食のオニギリなどを購入して、
国道303号線へ
ダラダラ坂を上り詰めると岩熊第二トンネル
ここは、歩道・自転車道が広く快適
conv0003.jpg
車が途切れると、聞こえるのは、
ペダリングの音だけ
conv0004.jpg
少し長い2つ目のトンネルを抜けると、長浜市から高島市へ
すぐ先が、国道161号線
ここを左折する
conv0005.jpg
マキノ町小荒路(こあらじ)で、287号線に入って10分
街道沿いの木陰で、昼食をとる
あと少し走ると、休憩スペース(水・WCあり)があるのを
知っているのだが経験上、無理は禁物
conv0006.jpg
2.4km続く、メタセコイア並木
今年もやってきた
暫時休憩
そして、並木に癒されつつ走る
conv0007.jpg
JRマキノ駅14時50分発の新快速に乗車して京都へ
本日は、山間部とあって、25kmほどの走行距離
心地よい疲れだ
マキノ駅にサラリーマンがいて、若干の驚き
*写真は全て:iPhone7+

サイクル ウェア(タイツ):CW-Xとユニクロ [自転車]

conv0007.jpg
          僕の場合だが、少し気合を入れて自転車を走らせる場合の

          服装は、上の写真の感じ(写真は、ネットから拝借:)


conv0001.jpg
で、ハーフパンツの下は、ワコールのCW-X だが
コンプレッションの具合が何とも宜しく、
気に入っている。
イチロー君愛用でお馴染み。
conv0002.jpg
先日ユニクロの通販で、ハーフパンツを探していたら
「エアリズム」のサポートタイツなるものが
目に留まった。
価格は、涙の「¥1,990」。
CW-Xの予備として、ハーフパンツと共に購入に至った。
conv0006.jpg
着用して、20kmほど走ってみた。
締め付け具合は、CW-Xに遠く及ばないが、
僕のような遊びの自転車乗りには、使えるのかなと思った。
こちらは、錦織君が愛用。

愛車 DAHON VECTOR X10 テストラン [自転車]

conv0002.jpg
軽い整備を施し、冬の眠りから覚醒させた愛車をテストランした。
スタート直後にサイクルコンピュータ、宝ヶ池トンネルの入り口で
尾灯のバッテリー交換が必要だと知った。
帰路、コンビニPanasonic のリチウム電池 CR2032 を4個買う。
前後ブレーキシュー、チェーン、ディレーラー、タイヤには問題無し。
conv0001.jpg
帰宅して、サイクルコンピュータの送受信部と尾灯の
電池交換を行う。
リセットさせたサイクルコンピュータには、タイヤの直径と
時間を入力しなければならず、少々手間。だが苦ではない。
これで、2017年の走りは準備OK。
琵琶湖北部の快適ランが目に浮かんでくる。

愛車のシートポストとシートの交換そしてテストラン [自転車]

conv0002.jpg購入から5年。愛車(DAHON Vector X10)のシートポストとシートの交換を行った。

フォールディング・バイクと云う性格上、シートポストの上げ下げが多く、キズや汚れが目立っていて、シートはヘタリが出ていてセットでの交換とした。

両方ともショップの方の推薦品で、安からず髙からずと云ったところ。

シートの取り付けには、前後の位置、傾斜角など神経を要する。ライダーのベストポジションがあるからだ。

取り付けた姿を見ると今様のデザインで宜しいと思った。

conv0003.jpg
ショップの推薦品のシート
下のクラスの最高ランクと云ったところか(約10,000円)。
シートの下に出ているのは、シートポスト盗難防止のワイヤー錠。
conv0001.jpg
2日間に亘って42kmほどテストラン。良好な結果に満足。
写真は、三条大橋で小休止した時のもの。
conv0004.jpg
テストランの間に、パソコン教室・歯科医・墓参・参拝
老妻に頼まれた食料品の買い出し・面談などを行っていて
寸暇も無い充実の週末となった。

CREE XM-L T6 LED:ズーム機能付き防水ライト [自転車]

conv0001.jpg

愛車DAHONに付けるライトが非力で、これに代わるモノが

ないか探していたところ、 CREE XM-L T6 LED に辿り

着いた。調節可能焦点(ズーム)防水・常時点灯など5モード・

全長15cm・電源用 単4電池×3込みの重さ195g:¥1,020。

conv0004.jpg

これをライトホルダー(≒600円)でハンドルバーに固定する。

肝心な性能は、ハンパ無い明るさで、1,800ルーメンとある。

元々軍事・警察用に開発されたモノが民間用になったのだと云う。

単4×3に替えて、充電式リチウムイオン電池(18650)の使用も

可能な、ホルダーも付属している(別売り18650&充電器≒900円)。

トンネル走行の場合は、焦点を絞って欲しい」とある位に明るい。


ビワイチ:自転車による琵琶湖一周 [自転車]

conv0001.jpg
4月30日の京都新聞(夕刊):「琵琶湖 自転車聖地に」との
記事が一面にあった。
自転車で琵琶湖を一周する「ビワイチ」の人気が加速して
いるのだと云う。記事によると、本格派のレンタサイクルが
あったり、自転車を意識した宿泊施設が出来たりと、時代が
自転車の琵琶湖一周を応援しているようだ。
conv0002.jpg僕も「ビワイチ」の端くれだ。11年前の6月、1泊2日で一周している。走行距離は、200.44km。
急激にエネルギーが枯渇する「ハンガーノック」を経験した。自転車を捨てて帰ろうかと思うほど辛かったことを思い出す。しかし、達成感は半端じゃない。 
記事を読むと、ビワイチ挑戦者は、年間5万2千人で、7割が日帰りで一周するのだと云う。
新緑の季節、琵琶湖北部のキラリと輝く湖面が眼に浮かんでくる。今一周するなら最低2泊3日しないと絶対無理だろうなぁ...。
写真は、平成21年9月の鈴鹿8時間耐久の時

メッセージを送る