So-net無料ブログ作成
トラベル ブログトップ
前の10件 | -

EX-ICカード利用なら、京都-東京の新幹線が、 [トラベル]

conv0002.jpg

愚妻と、東京に赴くことがあって、EX-ICカードを使って新幹線を予約した


現役の頃は、EX-ICカードは、所持人だけが予約出来るものだったが、
今は、複数枚予約可能となっている
「EXファミリー・早特」に該当すれば、京都-東京間の新幹線が
1人13,245円のところ、@11,800円で予約可能だ
@1,445円・2人で、2,890円安くなる
小市民は、こうやって弁当とお茶を手に入れて、東京に向かうのである

トリバゴ(trivago)とかotel.comとか... [トラベル]

conv0001.jpg
TV で毎日にように目に付くのが、trivago のCM
どういう仕組みなのか判らないのだが、試してみると
指定したエリアのホテルが、予約サイト毎にズラリと並ぶ
なるほど、これなら比較検討し易く便利だ
ただ、空き室があるかどうかは、更に検索しないと判らない
conv0002.jpg
3年前の5月の連休、ロサンゼルスの南70kmにあるアーバイン市まで
赴いたことがあった
そのアーバインに5泊したのだが、ホテルの予約で使ったサイトが
otel.com」だった
他のホテル予約サイトは、アーバインのアの字も検索されず、この
サイトを信じて、「HOTEL IRVINE 」を予約した
conv0003.jpg
1泊 $100位の部屋だったと思うが、事前決済を
求められたので、エイヤッ!とばかりに、一番被害が少ないと
思われるクレジットカードを使って予約した
やがて、HOTEL IRVINEに到着して、レセプションデスクに立ち
宿泊予約の意を伝えたら、「お待ちしておりました」とのことで、
予約出来ていたことの安堵感がドッと出たことを思い出す
予約サイトの選定は、慎重にしなければならないが、
旅行は、航空券とホテルを個人手配したら思い出が違ったものになる

JAPAN RAIL PASS [トラベル]

conv0003.jpg
京都駅中央改札に「Rail Pass」の案内表示
JAPAN RAIL PASSを所持する外国人は、係り員にパスを
見せて改札口を通過する
conv0002.jpg
3月末から10日間行動を共にした
太平洋戦史研究家 D・K氏も、このパスを
持っていた。
来日前に引換証を購入しておき、JRで
「使用開始手続き」を行う。
conv0001.jpg
JAPAN RAIL PASS には、利用開始日から7日・14日
・21日間有効の3タイプがある。
氏が所持していたのは、7日間(普通)29,110円のタイプ。
*グリーン車利用可や子供用もある
conv0004.jpg
新幹線「のぞみ」と「みずほ」以外のJR全線が乗り放題なので、
関空に到着して、「はるか」に乗車して、新大阪で「新幹線」に
乗り換え、北海道に進出すれば、折れて曲がって釣りがくる勘定だ。
JRの「使用開始日」を考えてスケジュールを組めば、格安なパスになる。
ただし、このパスを購入出来るのは、外国のパスポートを
所持する方のみ。
日本人が買ってもらっても、使用開始にはパスポートとの照合を
受けなければならないので残念なことになる。

JALマイレージバンク WAONポイント交換 [トラベル]

過日、識者から教示賜ってJALマイレージバンクへのマイル登録を済ますことが出来た。

昨年10月の関空~ホノルル往復で、10,226マイルを取得(老妻も同等取得)した。

JALからの案内で、このマイルを航空券や搭乗便のアップグレード等々に

使えることを知ったのだが、生憎とその予定が無く、JALと提携している企業の

ポイントに交換にすることにした。

WAON・amazon・ファミマ・docomoなどの提携先があり、中でもWAONが

10,000マイルで11,000円分交換出来、申し込み手続きをした。

conv0009.jpg
手続き後、11,000円分のWAONが、即使用可にはならず、
イオンやファミマにあるマシンで、JAL MILEAGE BANK
カードにダウンロードする必要があるとの指示。
conv0001.jpg
イオン銀行のCD機にWAONダウンロード機能が組み込まれていて、
小生のカードに11,000円、老妻のカードに11,000円分チャージ出来た。
ロートルには、一大作業であった。ヤレ、ヤレ...。
conv0010.jpg
今回のマイル~ポイント交換で、海外を飛び回るビジネスマンが、
相当なマイルを獲得していることを実感した次第。
「そんなこと当たり前だろう」との声が聞こえてきそうだが、
日常的に旅客機に乗る機会が無いので、不勉強であった。
目出度くダウンロードしたついでに、WAONで買い物をした。
3,619円の買い上げになり、
WAON残高が、7,381円とレシートにあった。

JALマイレージバンク [トラベル]

過日、識者から「貴公、昨年10月訪布した際のマイレージは、どうしたのか」と問われ

「何もしていない」と返答したら、「関空と布哇の往復なら、そこそこマイルがたまる」

conv0003.jpg
「搭乗券があるなら、未だマイレージ登録出来るぜ」と云われ、
整理してあった旅の思い出を急ぎ漁った。
conv0001.jpg
首尾良く、小生と老妻二人の「搭乗券」が見つかり、
直ちに、JALマイレージバンクのホームページにアクセスして
登録用の番号を打ち込んだら1人、「10,266マイル」になった。
どの位の価値があるのか未だ判らないが、今後飛行機の利用は、
JALにしようと思っている。 

喜ばれたハワイの甘味・土産 [トラベル]

布哇旅行から帰って、早や1カ月
喜ばれた甘味のお土産をご紹介
conv0004.jpg
「マカダミアの蜂蜜」
 スティック状になっているのが受けたか。
conv0005.jpg
「パイナップル グミ」
「日本には無い」と云われて買ってきたが。
調べたら類似品は、あるよなぁ~。
しかし、美味しさが違うのか、喜ばれた。
conv0007.jpg
「マカダミア ナッツ (焦がし蜂蜜味)」
オアフ島郊外のオバマ大統領が必ず立ち寄る店の物
自家用としても食べてしまったほど美味い
conv0008.jpg
「パンケーキ ミックス(ココナッツ風味)」
焼き上がりのしっとり感が違う・美味。
カラカウアのDFS 1Fで購入可
お土産とは、日本人の悪い習慣なのか?
お土産話しだけでは、済まないからなぁ...。

ハワイのバラ撒き用土産 [トラベル]

買ってきたハワイのバラ撒き用土産のご紹介

conv0001.jpg
GODIVA MILK CHOCOLATE
(SIZE:H8.5X4cm)
ABCストアでは、$5.5くらいであったが
某軍関係の施設をご案内頂いた際に...。
10個購入
conv0003.jpg
トロピカルなリップクリーム:4種
(SIZE:H6.8cm)
アラモアナセンター近くにあるドンキホーテにて
Don Quijote OPEN 24 HOURS ですが、買い物は明るい内に。
12本購入*値段忘失
conv0002.jpg
BAND-AID
(SIZE:H12X4.5cm)
ABCストアで5個購入
*値段忘失

ESTA(電子渡航認証)の取得 [トラベル]

conv0002.jpg
ESTA(電子渡航認証)の取得が必要になり米國大使館の
ホームページにアクセスして手続きを行った。
conv0001.jpg
日本語入力は出来ないが、登録料は$14でクレジット決済。
記入項目が多々あって、少し面倒だが滞在先の名前(ホテルなど)・
滞在先の住所・電話番号・緊急連絡先などを予め調べておけば
個人でも手続きが充分可能。
conv0004.jpg
面倒な方は、トラベルエージェントや代行業者に任せれば
良いが、$14では済まない。
プラス3,000~5,000円は必要になる。
conv0003.jpg
ESTAの個人取得は、何回めかになるが、以前と比べて
記入項目が多くなっていて、最終的に再度パスポートの
ベーシックな事柄の記入を要求されることに気がついた。
テロ対策の為なのだろうが、登録料が$14のままで有り難い。
これで2年間の米國ビザ免除となるが、入國が保証された
ものでは無く、入國の最終決定は、現地の審査官である。

ハワイ・ハワイ・ハワイ。ハワイフリークってか!? [トラベル]

conv0004.jpg先刻調べものの偶然で、「毎年家族でハワイ旅行」に行っている方のブログが眼に留まった。

某さんがずっと書いているハワイブログによれば、旅行が始まったのは2000年(平成12年)の頃で、オアフ島のみならず、他島をも知り尽くしていて、羨ましさを超越した感じになっている。

conv0006.jpg
裕福なご一家の成せることなのだろうが、ちょっと疑問。
ブログが始まった頃は、小さかった子供さんが今ですっかり
大人になっていること。
conv0005.jpg
親は、子離れしないのか?子は親離れしないのか?
と云うことが疑問である。
普段は離れて暮らしているのかも知れないが、ずっと一緒の様だ。
conv0007.jpg
子を溺愛する余り、親子共々自立心が無くなったのだろうな。
毎年ハワイって羨ましいと思うのだが、体の自由が利かなくなって、
金が枯渇してきたらどうするのか?
余計なお世話かね。
写真:ワイキキ付近(京都PRESS)

その昔、ハワイ行きの旅費を貸してくれなかった銀行 [トラベル]

昭和51年の今頃、初めてハワイ旅行を経験した。JALパックなどと云う名前の旅行が一般的になり始めた頃。

conv0003.jpg社会に出て3年目。貯金など殆ど無く、旅行代理店が旅費のローン設定をしてくれて、指示のあった某地銀に赴いた。

あっけなく審査は、不通過。今度は大丈夫だと話しを付けてくれた2度目もダメ。僕の余りにも低額な俸給がその理由だと知らされた。

拾う神あり。第一勧業銀行が口座開設を条件に、旅費16万円を貸してくれた。当時目新しいハートのマークのキャッシュカードも発行してくれた。

某地銀の担当者の名刺は、即破り捨てて、うっ憤を晴らした。

で、今日ヤボ用で御池通りを歩いていたら、あの某地銀(今は合併した名前になっている)があるのに気が付いた。

原因は僕にあるのだけれど、何があってもこの銀行にだけは、世話になるまいと40年続く思いがまた沸いてきた。


前の10件 | - トラベル ブログトップ
メッセージを送る