So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

梅雨前線消滅祈願祭の酒と肴 [日記 雑感]

conv0001.jpg
降り続く雨を何とかしようと、梅雨前線消滅祈願祭を行った
(写真は、三条大橋下の鴨川:7日朝6時10分)
で、その祈願祭で飲まれた酒と肴のご紹介
conv0002.jpg
17時45分、開式に先立って、ホッピーでお清めを行う
conv0005.jpg
土曜日・18時「人生の楽園」が始まると同時に祈願祭も始まった。
古式に則り、宝焼酎(甲類)の緑茶割りを含む
conv0004.jpg
<鶏肝の甘辛煮>
黒七味が味を引き立たせて美味
conv0007.jpg
凍らせていたライム
conv0006.jpg
ジンライムにして飲む
新進気鋭のジンも良いけれど、老舗のボンベイサファイヤ、
タンカレー、ゴードンが僕は好きだ
conv0003.jpg
<食べるマーラージャン>
麻婆豆腐、担々麺などでお馴染みの味を食す
食する時に、ポタリと油を落ちるので、予め新聞を敷いておく
(ランチョンマットの上に)
conv0008.jpg
<焼きそば>
祈願祭の主菜である。この材料の殆どが、Tポイントで交換したもの。
conv0010.jpg
オールドを山崎のグラスに注いで、なんちゃって山崎にする
強炭酸のハイボールが美味い
conv0011.jpg
<キムチ>
国は嫌いだが、漬物は好き
成城石井のキムチ(写真の)が、意外にも美味い
conv0009.jpg
小さな蒸留所で造られた「明石」に切り替える
コンデジで写した割りには、美味い感が出ている気がする1枚
conv0012.jpg
<餃子>
酢とコショウにつけて食すと無名の餃子も美味しい
conv0013.jpg
カレーの残りを舐めながら、メーカーズマーク46で、祈願祭が終了した。
お祈りをするのが、こんなにも酔うものだとは思ってみなかったのだが、
conv0014.jpg
明けてビックリ、京都市内に5日振りの青空が広がった。
豪雨の被害にあった方々を想うと心が痛むのだけれど
写真:KYOTO PRESS

nice!(0)  コメント(0) 

ホンダジェットに乗った方から聞いた話し [飛行機]

conv0003.jpg
2週間前、HONDA OBの Xさんから新型のホンダジェット(写真)について、
搭乗した感想など、2~3お聞きすることが出来た。
conv0006.jpg
搭乗した区間から伺った。
「搭乗したのは、羽田から静岡空港(富士山静岡空港)で、その往復。
滑走スピードが凄かった、離陸してからの加速が良くて感心した。
オートバイで云う中速域からの加速感と云うやつかな」
(上昇スピードは、小型ジェットクラス最速とのこと)
conv0005.jpg
「燃費も良くなり、航続距離は2,660km。羽田から北京まで一気に飛べる。
客室の座席は4席。主翼の上にエンジンがあるから会話は全く問題ない」
conv0004.jpg
「機体の色は、5~6色あって選び易くなった」とのこと。
(昨年の出荷機数はセスナを抜いて、43機。1機5億7,700万円)
機会があれば、ぜひ乗ってみたい。
HONDAが、小型ジェットを開発中と聞いた時は、モノに
成るかは疑問であったが、脱帽である。
反面、零戦の三菱・隼の中島(スバル)は、データ改ざんなど、
それ以前の状態なのは、どうしてなのだろうか。
写真:HONDA

nice!(0)  コメント(0) 

緊急速報と平時の鴨川と今朝の鴨川。 [日記 雑感]

conv0009.jpg
キンキンと云う甲高い音で、目が覚めた。
音源は、スマホ。
見れば、桂川下流が氾濫するおそれがあるのだと云う。
時刻は、午前0時40分
5時間後、ここ数日満足に朝のウォーキングが出来ていないので、
レインウェアを身に纏い、御池大橋に向かった。
鴨川の偵察である。
conv0005.jpg
「平時」の御池大橋を少し上がった東岸(左岸)
conv0006.jpg
今朝(7月6日)午前6時5分頃の同一地点
そう無茶苦茶な流れではないが、流木が川岸に残っているのが判り、
夜中(緊急速報の頃?)に水位が高かったことを知った。
conv0001.jpg
平時に、御池大橋の東南から下流を写したもの
conv0004.jpg
今朝の同一地点
5年前の豪雨の時は、両方の川岸が見えないほどであったが、
雨がこれほど降り止まぬのは、珍しいのではないか。
conv0007.jpg
川岸には、立ち入り禁止の表示とバリカーがあって、
これを設置したご担当者の苦労が想われた。
両岸合わせて一体、何か所のアプローチがあるのだろうか。

nice!(0)  コメント(0) 

日本の貨物鉄道 [日記 雑感]

conv0002.jpg
NHK BSの貨物鉄道を観て感心した
貨物鉄道は、20輌編成で、長さ550メートルが基本になってるのだそうで、
遅延が出た場合は、運行指令の腕の見せ所で、
最善のスピードアップが計られて、定時運行率は94%になるのだと云う。
conv0003.jpg
94%を達成するには、スピードアップばかりでは無く、
貨物基地に入線してからの「操車」も肝要とのことであった。
操車車輌がジーゼルとバッテリー駆動のハイブリッド仕様で、
貨物基地内の架線が無いところでの対応も可能になっていて、
コンテナの積み下ろしが邪魔されないと云うのである。
操車車輌の前と、貨車の後ろに立った見張りと停止線に立つ者との
絶妙なコンビネーション、
コンテナの両サイドの間隔が、握りこぶし大にはめ込む
フォークリフトの運転技術、
これが定時運行率94%の基礎にあった。
だから今、ドライバー不足に悩むトラック運送業界が運送代行を
しているのだと云う。
そのようなことだから、タイやインドでも日本貨物鉄道の
ノウハウの導入を計っているとの結論であった。
考えてみれば、書店に貨物鉄道の時刻表が置いてあって、
鉄ちゃん以外の誰が買うのだろうと思っていたのだが、
それなりの需要があったのだ。

nice!(0)  コメント(0) 

dポイント、Tポイントの特別付与。 [日記 雑感]

conv0005.jpg
大部前にdocomoから、更新に感謝するDMが届いた。
何げに読むと、長年のご愛顧に感謝して、3,000ポイントを
プレゼントしてくれるのだと云う。
ただし、獲得の手続きは、僕自身が行う必要があると記されている。
その手続きの期日が到来したので、すっかり脳軟化症になった
頭を駆使して、ネット経由で獲得手続きを行った。
conv0001.jpg
そして今日、本当に3,000ポイントが付与されているのか確認したら
目出度くOKであった。
conv0002.jpg
で、先刻雑用があって、YAHOO!を立ち上げたら
バナーに僕のTポイントの総数が、「4,583」と表示されていて、少々驚いた。
そんなに目くじら立てて、Tポイントをゲットしているつもりは無いし、
増えた原因が判らない。
conv0004.jpg
暫し考えて、Tポイントの「履歴」を見れば何か判ると思った。
conv0003.jpg
ビンゴ!
先月の14日に、「ウエルシアホールディングス」の
キャンペーンで、1,500ポイント獲得していることが判った。
キャンペーンに応募したことは無いので、正確なところは不明だが、
獲得した前に、ウエルシアホールディングスを構成する
ドラッグストアのダックスで、目薬だったかを購入しているので、
それがキャンペーン応募になったのかと思えた。
dの3,000ポイントも、Tの1,500ポイントも囲い込みだとは
判っていても、小市民は生活の糧が出来たと大喜びだ。
ポイントは、眺めていても何にもならない。
直ぐに使おうか。

nice!(0)  コメント(0) 

大衆酒場 マルタカ 開店 [日記 雑感]

conv0001.jpg
元部下だった髙井英嗣(えいじ)君が、昨日 大衆酒場 マルタカを開店した。
(ぜひ皆さんお使いのSNSで、拡散して欲しいとの希望があったので書いている)
conv0002.jpg
場所は、地下鉄四つ橋線の肥後橋駅7番出口から歩いて2分のところ。
(詳細は、下の名刺コピーをご参照)
conv0013.jpg
conv0012.jpg
髙井君が退職すると知って驚いたが、
酒場を開店すると知って、これまた驚いた。
2001年(平成13年)入社した時の面接担当は僕で、
長い間社業発展の為に頑張ってくれた。
退職は、非常に残念でならないが、
異業種での成功を祈って止まない。
conv0004.jpg
立ち呑みスタイルの店は、キャパ15~6人と云ったところか。
厨房は、髙井君が一人で切り盛りしている。
ソフトドリンクや定番のアテは、入口付近にある冷蔵ケースから
セルフサービスで。
conv0008.jpg
オープン当日の喰いもんメニュー
conv0003.jpg
甘辛味の牛のタタキに雲丹が載った「うにく」¥580と
左は、泉州沖で獲れる「ガッチョ」のから揚げ¥380。
conv0014.jpg
燻製の盛り合わせ¥580
conv0005.jpg
定番の赤ウインナー¥380
空になった飲み物は、レモン1個を丸ごと絞った「丸ごとレモンチュー」と
バジルチュー(右)それぞれ¥480。
conv0006.jpg
conv0009.jpg
髙井君らしいチョイスの焼酎とウイスキーの銘柄が並んでいる
conv0007.jpg
開店時間の15時過ぎにお邪魔したのだが、美形も数人来店して
大盛り上がり。
女性たちが「3時から呑めるのがいい」とは、世の中変わった。
滞在2時間、四ツ橋筋の反対側に「Rion」と云うかつて何度もお邪魔した
ショットバーがあって、自動的に吸い込まれた。
conv0011.jpg
ボウモア12年をハイボールにして貰う。
マスターと奥さんは、リッツカールトンホテルのバーで
一緒に働いていた。
いつもながら、ウイスキーの品数の多さには、驚かされる。
暖機運転終了。Rionを出て少し歩くと、魔界北新地である。

nice!(0)  コメント(0) 

サントリーのオマケ戦略にみるウイスキーバブル [日記 雑感]

サントリーのビンテージ原酒が枯渇してしまったと云う噂は真実のようで、

白州・山崎・響のトップスリーは、酒屋の店頭に無く、

ネット通販でのみ入手可能な状態になっている。


conv0010.jpg
その価格は1万円に達し、ビンテージ物なら4万、8万の値が付いている。
異常事態を察したのかサントリーは、オマケ戦略で、トップスリー層を
中低クラスへ引きずり込む作戦を取ったようだ。
(オールド¥1,800は、グラス付き)
conv0012.jpg
角¥1,400は、ソーダ付き
conv0013.jpg
キットカット付き
と云う具合に、購買層を引き止めるのに必死のようだ。
僕の場合、酒を入れたキャビネットにトップスリーの内、1本あれば
重厚さが感じられて、時折1~2杯飲んでいた。
勿論、ノンビンテージ物で、12年物は、よほどの事がないと購入出来なかった。
conv0011.jpg
今は、オールドをなんちゃって山崎にして飲んでいる。
だから、トップスリーが適正価格で復活した暁には、
オールドで十分と云うことにはならないのだろうかと思うのだが。

nice!(0)  コメント(0) 

今日から祇園祭り・川床の予約は、店のキャパを考えて [日記 雑感]

今日から祇園祭り。31日までのロングラン。

先刻、ヤボ用があって四条通りをスクーターで走ったが、街がジワリと

お祭りの飾りつけになっていて、外人さんのみならず、写真を撮っていた。


conv0009.jpg
話題はガラリと変わって、京の夕暮れは、川床での食事が何とも風情があって宜しい。
舞妓か芸妓を手配して、与太話しをしながらの食事がベストなのだが、
屋外での食事ゆえ、天候が急変した場合、川床にいる客の全員が店内に
避難出来て、引き続き食事を続けられるかが、店選びのポイントになると思っている。
conv0008.jpg
古くからの店は、お座敷に場所を移して食事と酒を楽しむことが出来るが、
店内にも客を入れていた場合は、大変なことになる。
この辺りが、水商売たる所以だと思うのだが、予約する場合は、
天候急変を考えてするのが良いと思う。
その昔、降り出した雨にも関わらず、傘をさして川床から動かない
風流な御仁が居られたことを想い出している。

nice!(0)  コメント(0) 

トミーズ あん食 は、ズシリと重い。 [京都グルメ]

conv0001.jpg
出先に老妻から、食パンを買って帰るよう電話が入った。
八百一(やおいち)のパン売り場を覘くと、
目当ての食パン(6枚切)は、直ぐに見つかったのだが、
「人気商品に付き、お一人様1つでお願いします」と書いてある
食パンらしきものが、20個ほど積んであるのが目に付いた。
神戸(東灘)の「トミーズ あん食」であると云う。
餡が練り込んである人気商品らしく、手に取る方が多い。
急いで僕も手にした。*650円
conv0002.jpg
帰宅すると、意外にも良くぞ入手したと褒められた。
午前中に売る切れる人気の品であるとのこと。
餡の重さか、包みを計ると900グラムある。ズシリと重い。
で、糖質制限者は、直ぐに角砂糖換算をしてしまうのだが、
食パン6枚切・1枚は、角砂糖8相当であるから、この「あん食」は、
1枚20個分位になるのだろうと思った。
参考迄に、カレー一皿は、35個・かつ丼29個・ショートケーキは17個である。
禁を破って、軽くレンチンして「あん食」を食した。
パンの美味さと餡の甘さが脳を活性化するのが判り、
ついで、丸福のアイスコーヒーで口中がリセットになり、
僕はついに、無限地獄に陥ったのである。

nice!(0)  コメント(0) 

やはりそうだったか、文藝春秋 [日記 雑感]

約40年間愛読してきた月刊誌の文藝春秋を止めてから2年経つ。

先頃、その文藝春秋に内紛との記事を見つけて、やはりそうだったかと、

合点がいった次第。


conv0001.jpg
記事によれば、経営陣がすっかり左旋回してしまい、その売りであった
「穏健な保守」ではなくなってしまい、誌面がすっかり変質してしまったとある。
2010年の年間売り上げが、254億円あったのが、2017年には、217億円まで
下がってしまったとも。
変質の詳細は書かないけれど、小気味良いタイトルと記事が影を潜めて、
左翼新聞と同じ編集になって、うんざりしてしまったのは、僕だけでは
無かったことが判った。
conv0002.jpg
経営陣に意見具申すれば、報復人事で切り返されて、
春風駘蕩・和気あいあいの社風は、閉塞感が漂っていると云う。
人は見た目が9割というが、日本を代表する月刊誌にも、それに似た
現象を感じて、購読を止めた方が大勢いたことを知って、
やはりそうだったかと思っているところだ。

nice!(0)  コメント(0)